目的と事業

当法人の目的は、
「災害時に喉の渇きでひもじい思いをしたり、生命の危機に陥る被災者を一人でも減らすこと」です。
この目的を達成するために、次の事業を行います。

1、保存水の備蓄促進

災害時、生命の源である飲み水を最低3日間分自力で確保する為に、災害保存用水の家庭、職域、地域での備蓄を促進するための活動をいたします。

2、保存水の基準や規格を定義し推奨品ガイドライン策定

災害時、生命の源である飲み水を最低3日間分自力で確保する為に、災害保存用水の家庭、職域、地域での備蓄を促進するための活動をいたします。

3、保存水の普及率調査

保存水の普及率などを調査することで、その必要性について啓蒙し、全国的な普及率を向上させていきます。