商品判断チェックリスト

★チェックリスト

環境 工場内全てにおいて昆虫及び鳥等に対する対策がされている。
手洗い場があり、入出手順等が整備されている。
工場内で、普通区、準衛生区、衛生区等の区分けがされている。
製造室専用の靴があり、履き替え管理がされている。
各区での菌、異物混入に対する対策がされている。
資材搬入等のドア・シャッターの開閉が管理されている。
衛生区への外気の流れ込みは無い。
換気扇には防虫対策がされている。
作業者の衣服等の洗濯頻度は管理されている。
作業場への入場は管理されている。(作業員を含む全員)
作業者の入場管理はされている。
作業場の電気設備は飛散防止等の対策がされている。
製造地下水、湧水、RO水等を問わず加熱殺菌処理である事が望ましい。
充填室がクリーンルーム、もしくはクリーンブースである事。
ペットボトル、及びキャップは耐熱性のあるものを使用している。
外箱については遮光性があり、手掛け穴の無いものが望ましい。
ライン機材を毎日洗浄殺菌し、乾燥させている。
機材毎に洗浄殺菌方法を明確にし、実行している。
ホットパックである事(充填温度68度以上)。
品質管理品質に関する帳簿が記録されており、保管されている。
長期保存に対するエビデンスの保管(外部機関による証明等)。
製造毎に自社、又は外部機関にて検査(検査結果書等の有無)。
賞味期限の設定は微生物検査を行い設定している。
管轄保健所の指導事項は、改善及びクリアしている。
クレームに対する対策書が作成されている。
科学薬品等は作業場外で適正に管理されている。
製品、及び資材の保管は適正に管理されている。